不妊

第11回不妊治療オンライン治療セミナー【FTと腹腔鏡下手術について】6/8

両角レディースクリニック
第11回オンライン説明会/2021年9月4日開催

テーマ:FTと腹腔鏡下手術について
+ご参加者様からのご質問

2021年9月4日(土)に行われました院長両角和人によるオンライン説明会の模様です。
月1回ほど無料のオンライン説明会を実施しておりますのでぜひご参加ください!

▶チャプターリスト(目次)
00:00 移植はまだ行っていないが、それでも腹腔鏡を受けるメリットはあるか?
    また、子宮内ポリープがある場合は子宮鏡下よりも腹腔鏡の方がメリットがあるか?
00:51 ラパロの手術後、いつから移植できるか?
01:54 以前通院していた病院で「子宮内膜ががたがた」と言われたが、移植の弊害
    になるか? また、解決策はあるか?
03:19 40代半ばだと、どれくらいの数を貯卵してから移植に進むのがよいか?
    また、移植に進む前に腹腔鏡は受けた方がよいか?
04:48 43歳で、4月に分割胚2個を凍結し、6月子宮内膜ポリープを取ったものの、
    根本が取り切れず、再度9月に取ることになった。この後、移植に進むことを
    考えて いたが、貯卵を先に予定した方がよいか?
05:44 初期胚移植後の判定日にHcg値が1.7、E2が87.1だったが、ここからHcg値が
    上がり無事に妊娠、出産出来るのか?
07:06 採卵の際に13個前後卵子が採れ、胚盤胞になりPGT-Aに出したが異常胚だった。
    43歳になると、採卵を続けて正常胚の獲得を目指すべきか、初期胚を数個ずつ
    移植する方がよいか悩んでいる。

———————————————————————————-
◆院長 両角和人(もろずみかずと)
昭和47年福島県福島市に生まれる。
小学4年生から剣道を習い、中学では剣道部。
中学の時に剣道初段取得。
大学ではゴルフ部に所属。ゴルフ三昧の毎日を過ごす。
2004年から2年半ハワイ大学の柳町教授のもとに留学し顕微授精に関する研究を行う。

学歴
平成10年 3月
福島県立医科大学医学部卒業

経歴
平成10年 4月
福島県立医科大学産婦人科学講座入局
平成10年10月
板橋中央総合病院産婦人科医員
平成13年10月
福島県立医科大学産婦人科学講座医員
平成16年 9月
ハワイ大学医学部生殖生物学研究所留学
平成19年 1月
福島県立医科大学産婦人科学講座助教
平成20年 6月
山王病院リプロダクションセンター
平成20年 6月
国際医療福祉大学大学院講師
平成24年 7月
両角レディースクリニック院長

———————————————————————————-

#不妊治療#妊活#体外受精#採卵#胚移植#両角レディースクリニック#MLC#両角和人#不妊治療説明会#不妊#IVF

妊活に人気のゼリー!