不妊

旧優生保護法、違憲4例目 強制不妊、賠償請求は棄却

旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたのは違憲だとして、兵庫県内の聴覚障害者の夫婦2組と脳性まひのある神戸市の女性の計5人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で神戸地裁(小池明善裁判長)は3日、旧法を違憲と判断した。賠償請求はいずれも棄却した。全国9地裁・支部で起こされた同種訴訟で判決は6件目で、違憲判断は仙台、大阪、札幌の3地裁判決に続き4例目。

記事詳細
https://www.47news.jp/news/6612780.html

妊活に人気のゼリー!