不妊

子宮内膜着床能検査(ERA)について学ぶ|不妊治療のための遺伝子検査

アイジェノミクスの子宮内膜着床能(ERA)検査について解説をしている動画です。

残念ながら体外受精を受けている多くの方は、何度か胚移植を繰り返しても妊娠に至らないことがあります。世界的に不妊治療による出生率は一周期で25%から30%と言われており、出産に至らなかったケースの74%は、胚が着床できなかったことが原因です。

良質な胚を移植しても着床できなかった場合には、 ERA検査によって胚が着床するための最適な子宮内膜が整うタイミングを特定し、それに合わせて胚移植を行ってみてください。

胚が着床し、赤ちゃんへと成長していく場所である子宮内膜は、毎月胚を受け入れる準備をしています。良質な胚を移植することはもちろん重要ですが、子宮内膜が胚を受容できる最適な状態に整っていなければ、胚は着床できません。

●妊娠のためにできる検査があります。
不妊治療のための遺伝子検査に特化した検査ラボ アイジェノミクスでは、生殖遺伝子検査がどのように妊娠率向上に役立つのかを分かりやすく学べるウェブサイトをご提供しています。
https://www.igenomix.jp/hub/

患者様向けERA検査案内
https://www.igenomix.jp/our-services/era-pacients/

Twitter

Facebook
https://www.facebook.com/IgenomixJapan/

Ameblo
https://ameblo.jp/igenomix-japan/

#妊活 #不妊治療 #体外受精

妊活に人気のゼリー!