不妊

大阪大学 精子の運動制御分子発見 不妊治療に期待

不妊症の原因究明に繋がるかもしれません。大阪大学微生物病研究所の宮田准教授らの研究グループは、精子の運動を制御する分子を発見したと発表しました。

新たに発見したのは精子の運動制御で重要な役割を持つ酵素カルシニューリンに結合するSPATA33というタンパク質です。この分子がないと、精子の頭と尻尾をつなぐ中央の部分が曲がらなくなり、運動性が低下します。

不妊症の原因の半分は男性にあり、そのうち2割が精子の運動低下とみられ,今後不妊症の原因究明や男性専用の避妊薬の開発に繋がると期待されます。

#不妊治療 #妊活 #SPATA33 #大阪大学 #宮田准教授 #精子 #分子 #やさしいニュース #タンパク質 #男性避妊薬 #開発 #医療 
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
チャンネル登録をお願いします↓
https://www.youtube.com/channel/UCd6GEK664CTEWRZda7Fu7Lg?sub_confirmation=1

「テレビ大阪ニュース」は報道・スポーツのYouTubeチャンネルです。
関西のニュースをやさしく、わかりやすく伝える「やさしいニュース」で放送した最新ニュースや特集企画をはじめ、日本経済新聞社とのコラボ企画「やさしいニュース解説」などYouTubeオリジナル動画を配信しています。
地上波では放送できなかった未公開映像も配信しています。

公式SNSで見どころ配信中!ぜひフォローをお願いします。
▷【Facebook】https://www.facebook.com/tvosaka.news.fb/?ref=pages_you_manage
▷【Twitter】https://twitter.com/tvosaka_news

妊活に人気のゼリー!