不妊

コロナワクチン 不妊 通貨発行権 エホバの証人 ものみの塔 オンライン教会

コロナワクチン 不妊:mRNAワクチンを作っているファイザーの元副社長が新型コロナウイルスワクチンには、女性の胎盤形成に欠かせないシンシチン-1と呼ばれるスパイクタンパク質に似た成分が含まれているかもしれません。ワクチンがこのSスパイク蛋白質に対抗する免疫反応を形成するように働くのであればシンシチン-1を攻撃するように女性の体に抗体を作成させ、不妊症につながる可能性があると説明しています。
シンシチン-1とSスパイク蛋白質は一部アミノ酸構造は似ていますが、全体的にはまったくの別の構造です。
mRNAワクチンでは、遺伝子を書き換えることは不可能ですが、抗体を形成し不妊の体質にすることは可能です。アストラゼネカ製のベクターワクチンを使用すれば、遺伝子を組み込むことは可能です。
 今回のワクチンに入っていないと思われる最大の理由:
DSデープステイトのよりどころである、イスラエルの国が優先して接種しています。本当に不妊になるのであれば、イスラエルが使用している初期のロットには挿入されていないと考えるのが妥当でしょう。初期以降のロットにアジアやアフリカや南アメリカ向けの別のロットには、混入させる可能性はあると思われます。
シンシチン-1は確かに胎盤形成に関わるようですので実際にシンシチン1がワクチンに入っているならシンシチン-1に対する抗体が作られて女性不妊の原因になり得ます。流産の確立が飛躍的に高まります。先進国でそれを行えばすぐにばれてしまうでしょう。ファイザー製のワクチンにこれから以降に含まれているかは未知数です。

妊活に人気のゼリー!