不妊

【マウスで成功】試験管内でES細胞から精子 不妊治療の研究に応用も【京大研究チーム】

体の様々な細胞に変化できるマウスの「ES細胞」から
試験管の中で精子を作り出すことに成功したと
京都大学などの研究チームが発表しました。
京都大学高等研究院の斎藤通紀教授らのチームは、
ES細胞から「精子幹細胞」と呼ばれる、精子をつくるもととなる細胞を
効率的に作り出す技術を開発しました。
この「精子幹細胞」をマウスの精巣の組織と共に培養し、
精子にまで成熟させたものを卵子に受精させたところ
健康なマウスの赤ちゃんが生まれたということです。
ES細胞などを使い試験管の中だけで生殖細胞を作り出す技術は、
精子では初めてだということです。
精子のできる過程を試験管の中だけで再現できることで
今後、不妊治療の研究にも役立つ可能性があります。

妊活に人気のゼリー!