不妊

『黒い砂漠』運営会社は福利厚生の鬼。不妊治療支援やお小遣い制度があるパールアビスジャパンの戦略と社風を代表に訊く「優れた発想は安定した生活から」

オンラインRPG『黒い砂漠』の開発・運営で知られる韓国Pearl Abyss(以下、パールアビス)が2018年に日本法人Pearl Abyss JP(以下、パールアビスジャパン)を設立して約3年が経とうとしている。

 『黒い砂漠』シリーズはPC、プレイステーション4、Xbox One、スマートフォンでサービスされており、世界各地でヒットを記録している。日本においては2015年5月8日にPC版の正式サービスがスタート。2021年8月23日にはPS4版が2周年を迎えた。

関連記事

『黒い砂漠』骨太なオープンワールドに浸ろう。PS4版2周年を機に、ソロRPGからオンラインRPGに変貌する大作の魅力を再確認。真に魅力的なゲームはプレイヤーを甘やかさない

異世界での生活を感じられる本格派MMORPG『黒い砂漠』。本稿に掲載している『 #黒い砂漠 』画像はすべてPC版。

 また、2019年に収集オープンワールドアクションアドベンチャー『 #DokeV 』( #ドケビ )や新たなフラッグシップタイトル『紅の砂漠』を発表(どちらもPC/コンシューマー両対応)。PCゲームの開発・運営から歴史が始まったメーカーではあるが、今後はコンシューマー向けの展開も強化していくという。
 とはいえ、まだパールアビスジャパンのことをあまり知らない読者も多いだろう。そこで、同社代表取締役である李同校(イ・ドンギョ)氏に日本法人設立の経緯などを、社員の方には社風や働きかたについて話を伺った。

李同校(イ・ドンギョ)

パールアビスジャパン代表取締役。文中では李。

GM岩ガニ(GMいわがに)

『黒い砂漠』運営チーム所属。文中では岩ガニ

南(みなみ)

マーケティングチーム所属。文中では南。

※取材は感染対策を徹底したうえで行っています。

優れた発想は安定的な生活環境から生まれる

――始めに、パールアビスジャパンの成り立ちについて教えてください。現在はどんな事業を行っているのでしょうか?
李 3年前の2018年に『黒い砂漠モバイル』のサービス提供を目的に設立されたのがパールアビスジャパンです、韓国のパールアビスが開発しているゲームの日本語ローカライズと運営、CS(カスタマーサポート)、マーケティングなどサービスに関するほぼすべてを担当しています。

――パールアビスジャパンの規模について教えてください。どのような職種の方が何名くらい働いているのでしょうか?
李 現在の従業員は50人くらい。運営、マーケティング、CS、ローカライズ、経営支援、コンテンツ制作チームで分けられています。
――現在の従業員は50名とのことですが、リモートワークが推奨されているなか、いまの出社率はどれくらいでしょう?
李 時期によりますが3割ほどを維持しています。どうしても社内のネットワークからしか作業ができない運営チームなどについては、出社スケジュールを調整するなど、コロナ禍での安全を意識した業務環境作りを目指しています。

――パールアビスジャパンのスタッフは現地(日本)での採用が中心でしょうか? それとも韓国からの出向が中心ですか?
李 全員が日本国内での採用です。現地での優秀な方を採用して力になっていただく。今後もパールアビスが各国に法人を作る際にはこうした方針を採用する予定です。

――たとえば給与以外に毎月一定額を自由に使えるプリペイドカードが別途支給されるなど、福利厚生のシステムが非常にユニークで手厚いと伺いました。これは日本独自のものですか?
李 パールアビスがいつも心得ているのは、社員のみんなが仕事に集中できる環境を作ることです。
 優れた発想は安定的な生活環境から生まれると思っています。会社に入ったらできる限り安定した余裕のある生活ができるように支えてあげることを目指しています。このポリシーはパールアビスグループ全体の方針になっていて、福利厚生の方針もだいたい似ています(※)。

※福利厚生の詳細は後半の社員インタビューにて。

日本におけるPC版のサービス立ち上げからずっと日本国内でPM(プロジェクトマネージャー)として『黒い砂漠』に携わってきたイ・ドンギョ氏。非常に快活にパールアビスジャパンの現状やビジョンを語ってくださった。

日本の冒険者の声を聞き、開発へ届けるのが役割

――韓国に拠点を置くパールアビスとはどのような会社でしょうか?
李 世界最高のゲームを作ることを目指している、ゲーム開発会社です。創業者のキム・デイル自身が直接開発したゲームエンジンは非常に優れた性能を持ち、弊社のゲームはすべてこれをベースに開発しています。韓国だけに止まらず、世界的に見ても、開発力は高い水準にあると自負しています。
――創業者自らがゲームエンジンを開発しているんですね。簡単でけっこうですので、キム・デイルさんのプロフィールを教えていただけますか?
李 キム・デイルは『RYL Online』や『C9』などを開発したことでも知られる韓国でも屈指のゲームクリエイターです。ゲームエンジンを開発しただけでなく、いまも『黒い砂漠』などの開発を最前線に立って率いています。

妊活に人気のゼリー!